節分

2月3日 日曜日

節分の豆まきをしました。

節分の豆まきは、もともとは中国から伝わってきた風習で、季節の変わり目には邪気(鬼・魔物)が生じると考えられており、その邪気を追い払う儀式として古くから行われるようになったそうです。

鬼や魔物を追い払うために使うのは炒った豆(大豆)で、日本では穀物には「邪気を払う力がある」とされています。

また豆(まめ)=魔目(まめ・鬼の目)や魔滅(まめ・魔物を滅する)の語呂合わせもあり、豆を鬼にぶつけることで邪気を払い、無病息災を願います。

ディア・レスト可部では新聞紙を丸めたものを豆に見立てて鬼にぶつけます。

「鬼は~外!」「福は~内!」

入居者様に力強い太鼓打ちを披露していただきました。

悪い鬼は すっかり逃げていったようです(^^)

この日のおやつは、大豆の代わりに麦チョコを召し上がっていただきました。

立春を迎え、日中あたたかい日もありますが まだまだ冷え込む日が続いています。

寒暖差で体調を崩さないよう気を付けたいですね。